不倫示談は弁護士交渉で

不倫問題において加害者に慰謝料を請求する場合、自分で直接慰謝料請求をしようと考える人もいます。あくまで配偶者との間の問題であって弁護士を介入させたくないという人もいるかもしれませんし、単純に弁護士費用を払いたくないという人もいることでしょう。しかし実際にはこうした複雑でデリケートな問題においては特に第三者に介入してもらい、弁護士に正式な形で事を進めてもらったほうが良い場合が多いでしょう

相談まず自分で配偶者や不倫相手との示談をおこなう場合、かなりの精神的ストレスがかかることが予想されます。不倫の事実を問い詰める場面も出てくるでしょうし、相手方の対応によってとても嫌な思いをする可能性もあります。もちろん自分の側が感情的になってしまい、逆に相手から名誉毀損などで訴えるなどと言われるようなことがないようにも気をつける必要があります。

弁護士に示談を依頼する場合にはそうした余計なストレスを回避して淡々と慰謝料の請求などの細かい話も進められますし、相手方も弁護士をつけた場合には基本的に弁護士同士の話し合いで折り合いをつけていくことになります。第三者同士の話し合いなので感情的な部分を排除して解決に向けて仕事をしてくれます。実際の手続きの面でも精神的な面でも法律事務所や弁護士に相談することをおすすめいたします。


◆関連記事◆

  1. 慰謝料発生する事例とは?
  2. 慰謝料にも時効がある?
  3. 不倫の示談書
Pocket