不倫の示談書

示談書不倫問題を解決するためにはきちんと示談書を作成する必要があります。示談書というのはお互いの話し合いで解決した内容をきちんと記録してその後のトラブルを防ぐためのものです。不貞を働いた配偶者が慰謝料を払うと約束しているので、示談書をわざわざ作成する必要はないと考えてしまう人も一定の数いるようです。

しかし実際には口約束だけではきちんと守られないケースもあるので、正式な示談書を公正証書で作成しておくことは余計な心配やトラブルを避ける良い方法だと言えます。公正証書を作成しておけば、期日に慰謝料の支払いがなかった場合に、裁判をすることなく、裁判所の差し押さえをすることが可能になります。

示談書まで作る必要はないのではないかという考えは、やはり相手への情や、自分としてもストレスの溜まる状況でそこまで大げさにしたくないという気持ちなどが働くからかもしれません。しかし示談書を作成しなかったケースでは、ただ単に期日に支払われなかっただけでなく、相手が明確に支払う気持ちがなくなったと言ってきたケースもあり、相手の心変わりなどの可能性も考えて間違えなく示談書を作成しておくことがおすすめです。もちろんその際には法律事務所などに相談をしましょう。


◆関連記事◆

  1. 慰謝料発生する事例とは?
  2. 慰謝料にも時効がある?
  3. 不倫示談は弁護士交渉で
Pocket