不倫示談は弁護士交渉で

不倫問題において加害者に慰謝料を請求する場合、自分で直接慰謝料請求をしようと考える人もいます。あくまで配偶者との間の問題であって弁護士を介入させたくないという人もいるかもしれませんし、単純に弁護士費用を払いたくないという人もいることでしょう。しかし実際にはこうした複雑でデリケートな問題においては特に第三者に介入してもらい、弁護士に正式な形で事を進めてもらったほうが良い場合が多いでしょう

相談まず自分で配偶者や不倫相手との示談をおこなう場合、かなりの精神的ストレスがかかることが予想されます。不倫の事実を問い詰める場面も出てくるでしょうし、相手方の対応によってとても嫌な思いをする可能性もあります。もちろん自分の側が感情的になってしまい、逆に相手から名誉毀損などで訴えるなどと言われるようなことがないようにも気をつける必要があります。

弁護士に示談を依頼する場合にはそうした余計なストレスを回避して淡々と慰謝料の請求などの細かい話も進められますし、相手方も弁護士をつけた場合には基本的に弁護士同士の話し合いで折り合いをつけていくことになります。第三者同士の話し合いなので感情的な部分を排除して解決に向けて仕事をしてくれます。実際の手続きの面でも精神的な面でも法律事務所や弁護士に相談することをおすすめいたします。


◆関連記事◆

  1. 慰謝料発生する事例とは?
  2. 慰謝料にも時効がある?
  3. 不倫の示談書
Pocket

不倫の示談書

示談書不倫問題を解決するためにはきちんと示談書を作成する必要があります。示談書というのはお互いの話し合いで解決した内容をきちんと記録してその後のトラブルを防ぐためのものです。不貞を働いた配偶者が慰謝料を払うと約束しているので、示談書をわざわざ作成する必要はないと考えてしまう人も一定の数いるようです。

しかし実際には口約束だけではきちんと守られないケースもあるので、正式な示談書を公正証書で作成しておくことは余計な心配やトラブルを避ける良い方法だと言えます。公正証書を作成しておけば、期日に慰謝料の支払いがなかった場合に、裁判をすることなく、裁判所の差し押さえをすることが可能になります。

示談書まで作る必要はないのではないかという考えは、やはり相手への情や、自分としてもストレスの溜まる状況でそこまで大げさにしたくないという気持ちなどが働くからかもしれません。しかし示談書を作成しなかったケースでは、ただ単に期日に支払われなかっただけでなく、相手が明確に支払う気持ちがなくなったと言ってきたケースもあり、相手の心変わりなどの可能性も考えて間違えなく示談書を作成しておくことがおすすめです。もちろんその際には法律事務所などに相談をしましょう。


◆関連記事◆

  1. 慰謝料発生する事例とは?
  2. 慰謝料にも時効がある?
  3. 不倫示談は弁護士交渉で
Pocket

慰謝料にも時効がある?

PTSD気をつけなくてはならない点として、精神的苦痛に対する損害賠償である慰謝料の請求に関しても時効というものがあります。慰謝料が発生する背景には精神的苦痛や損害を与えた不法行為あるいは責務不履行というものがあります。まず責務不履行に基づく慰謝料の請求に関しては10年間で消滅時効となります。そして不法行為に基づく慰謝料の請求の場合は3年で時効となります。

ちなみに不法行為の3年に関してですが、3年間隠し通せば時効が成立するということではなく、不法行為により損害が生じたことを知ってから3年ということになります。

最近ではセクハラというものも社会問題となっており、裁判沙汰になるケースも少なくありません。セクハラの場合は不法行為なので、セクハラ行為が止んだ時点から3年で時効となります。ただしセクハラ被害などの場合、被害者が精神的ストレスからうつ状態やパニック症状、PTSDなどの問題に悩まされる可能性もあります。そうした診断がされた場合はその症状が治癒した、もしくは症状固定された日から3年で時効成立と判断される可能性もあるようです。いずれにしても期限があるものですから、早めに法律事務所などの専門機関に相談するのがベストでしょう。


◆関連記事◆

  1. 慰謝料発生する事例とは?
  2. 不倫の示談書
  3. 不倫示談は弁護士交渉で
Pocket

慰謝料発生する事例とは?

「慰謝料払え!」なんてセリフを冗談で言う人もいますが、実際の世の中では冗談でもなんでもなく、慰謝料請求の事案というものが絶え間なく起きています。そもそも慰謝料とはどのようなものなのでしょうか。慰謝料とは故意また過失によって他人に負わせた損害のうち目に見えない被財産的損害に対する賠償のことを言います。物的損害ではなく精神的な苦痛に対する損害賠償という捉え方です。ではこうした精神的苦痛を与える事例というのはどのようなものがあるでしょうか。

不倫近年非常に多いのが不倫や浮気が原因の慰謝料請求の事例です。もちろん不倫や浮気は殺人や窃盗のような犯罪行為ではありません。しかし婚姻関係には貞操義務というものがあり、不倫や浮気はそれに違反する不法行為ということになります。最近メディアでも取りざたされることが多い不倫問題ですが、慰謝料請求に発展するケースも多いです。

他にも不当な婚約破棄の慰謝料請求や、名誉毀損、暴行やセクハラ、パワハラなどが原因の慰謝料請求というものが存在しています。こうして見るとなんでもかんでも慰謝料を請求できるように思えますが、たとえ請求したとしてもそれが裁判所で実際に認められるかはまた別の話です。請求した者勝ちのようなことではありません。逆にきちんと慰謝料を請求できる立場にあるのに知識がなくてきちんと手続きに踏み切れない人もいるかもしれません。そうした時にはやはり法律事務所などの専門家に相談すべきです。


◆関連記事◆

  1. 慰謝料にも時効がある?
  2. 不倫の示談書
  3. 不倫示談は弁護士交渉で
Pocket